電子レンジを有効活用する中坊進二


料理が好きな中坊進二は、電子レンジを有効活用しています。
その理由は、電子レンジなら楽チンな上に
光熱費が少なく済むからだそうです。
例えばご飯です。

炊飯ジャーには保温機能がありますが、
中坊進二は保温機能は使いません。
ご飯が炊けたら器に移し替えます。
その時はそのまま食べて、
余ったものは冷ました後に冷蔵庫に入れます。
場合によっては冷凍庫に入れて
いつでも解凍して食べられるようにしています。
特に冷凍ご飯は色んな時に使えるので、
必ずいくつは冷凍庫にストックしているようです。

中坊進二はレトルトカレーも食べます。
その際、レンジでも調理できるものは
レンジで調理を行います。
ガス代に比べて電気代は掛からないし
素早く暖められるのがメリットです。

料理をする際、野菜の下ごしらえも電子レンジを使います。
中坊進二は京都の野菜を使う際も、
均一に野菜を切って水洗いし、電子レンジで温めます。
その際はラップで包むか、
ジップロックに入れるかが大事だそうです。
こうすれば手間をかけず、
しかも光熱費を節約しながら時間短縮も出来ます。
野菜の下ごしらえを電子レンジですることで、
茹でるよりもビタミンが逃げないというメリットがあるそうです。

最近では中坊進二は電子レンジだけで
調理できるレシピも開拓しています。
調理しやすく後片付けも簡単で、
普通の料理と併行して出来るのも便利だと話していました。

電子レンジは有効活用する方法は色々あるんですね。
手間も掛からずしかも光熱費を節約できる。
電子レンジを使うことはいいこと尽くめです。