京都の中坊進二さんと体験したみたらし団子作り


私は子供の頃から今に至るまで、みたらし団子が好きです。
仕事に疲れた時はみたらし団子を食べて
「明日もがんばろう!」と活力をチャージしています。
美味しいみたらし団子に目がなく、
そのことを京都の中坊進二さんも知っています。

この前京都に行った時の話です。
みたらし団子が好きな私に、
京都の中坊進二さんがいいプランを提案してくれました。
それがみたらし団子作りです。
実際にみたらし団子作りを体験できる場所があるとのことだったので、
二つ返事でオーケーしました。
提案してもらった時から、
「自分の理想のみたらし団子が作れる!」とわくわくしていました。

みたらし団子は京都発祥の和菓子らしく、
世界遺産でもある下鴨神社の池のしずくを
団子に見立てて作られたのがみたらし団子だそうです。
下鴨神社に奉納されている伝統あるお菓子だと
京都の中坊進二さんに教えてもらいました。
発祥の地で作ることが出来るのは名誉なことですね。
テンションが上がりました。

現地に着いた頃にはテンションがマックスでした。
今回の体験では生地作りから焼き、タレに絡めるところまで体験出来ました。
私はというと、かねてから大きな団子で食べたいのが夢でした。
いつも小さい!と思っていたので、
この時はここぞとばかりに理想の大きさに丸めました。
…焼きあがるのに時間が掛かって苦労しましたが(笑)
京都の中坊進二さんは普通サイズを上手に焼いていました。
今思えばその方が良かったと思います。
焼きあがるのに苦労しましたが、自分で作ったみたらし団子は格別の味でした!
けどやはり普通サイズのほうが食べやすくて良かったですね。

夢の体験が京都の中坊進二さんのおかげで出来ました。
次回は普通サイズを上手に焼き上げたいと思います。
代わりにタレをいっぱい絡めて…。
また挑戦したいですね。